借金をする理由は何でしょうか?生活や会社の資金繰りにどうしても困ってしまったから、遊びや欲しい物のためにちょっと足りないからという理由で借りてしまう方など、それは様々です。

どういった理由にしても借金をしようと思い立ったら、借りる前にやっていただきたいことがあります。それは返済計画をたてることです。

事前に計画が必要な理由とは?

それは返済に困らないためです。皆さんお金を借りるときは、お金を用意することばかりに集中しがちです。そうすると借りてから後の事まで考えが及ばないのです。

それにより返済が難しい金額を借りてしまう可能性が高くなります。その結果借金の返済に困って、余計に借金が膨らむ、返済できずピンチに陥ってしまうのです。

もしも事前に計画を作っていたらどうでしょうか。自分が毎月返済可能な金額も把握できます。それならどのくらいの金額なら無理せず借りることができるのかを知ることができますよね。その上でお金を借りれば返済の時にそれほど苦しむことはないはずです。


計画の立て方

ローンを利用するときの事前計画の立て方をみてみましょう。
まずは自分が今現在どれだけのお金を必要としているのかを計算してみましょう。そしてどのくらいお金を借りることができれば何とかなりそうなのかを出してみるのです。

次に利子を調べましょう。利用するローンのタイプによっては利子率が異なります。借金返済の際に利子のことまで計算に入れていない方もいらっしゃいます。借りたものには利子がつくのです。それもまた借金となりますので必ず計算して借金の金額に入れましょう。

借金の総額が把握できたら、次に毎月どのくらいの金額を返済していくのかを考えます。そのためには、自分の経済状況について正確に把握することです。毎月どれだけのお金が入り、そして出ていくのかを書き出してみましょう。
その結果毎月いくらを返済に充当できるのかを出してみるのです。その返済金額がわかったら借金と利子をあわせた金額と照らし合わせて返済期間がどのくらいに及びそうなのかを計算してみましょう。



期限に注意

借金には返済期限があります。それを超えて返済できない場合はさらなるペナルティが課せられます。これ以上借金を増やさないためにも、期限内に返済するのが原則です。それが難しいと思える額の借金はしないほうが賢明です。

借金の返済計画を立てることで、無用な借金を作ることを防げるかもしれません。そして現実を知ることで無理な額を借りることを抑制できます。