「借金を早く返したい」という弱みに付け込んだ詐欺が横行しています。
いつもなら見抜ける事も弱みがあると、うっかり騙されてしまう人もいるものです。 詐欺にあってしまったら借金は益々増えますし、金銭的な負担はもちろん精神的負担も増す結果になってしまいます。 もし、騙されてしまったら、騙された自分が悪いとは思わずに警察に被害届を出し、国民生活センター等の専門機関に相談することも行ってください。絶対に一人で泣き寝入りしないでくださいね。
では、借金にまつわる詐欺についてどのようなケースがあるのかを考えてみましょう。

紹介屋詐欺

紹介屋詐欺とは、お金を借りられない状況にある多重債務者に対して、貸してくれる会社を紹介するなどの甘い誘いをもちかけ、高額な紹介料の請求をおこないます。さらに悪いことに、悪質業者を紹介された人は、さらに借金を背負ってしまうという深刻な被害が多数あります。

そういう場合は、悪質業者が裏で糸をひき、紹介屋と手を組んでいることがほとんどです。お金を借りる時点で「これは詐欺かもしれない」と発覚し、助かることもありますが、すでにお金を借りてしまった後に騙されたと気付くケースがほとんどであり、被害が広がっています。

整理屋詐欺

整理屋詐欺とは、お金を限度額まで借りてしまい首が回らなくなった多重債務者に「多重債務の整理を行い、あなたの借金問題を解決します」などの甘い誘いをもちかけ、考えられない高額手数料を騙し取る詐欺のことです。

法律的に債務整理は、弁護士や認定を受けた司法書士でなくては行うことができない規定となっているのですが、悪質詐欺を行う業者と加担している悪徳弁護士等が裏で手を組んでいた事件も発生しています。弁護士というと法の守り人的な良いイメージがありますが、どこの世界でも悪い人は存在するのです。弁護士や債務整理ができるという認定を受けた認可司法書士を利用する際にも自分で詳しく調べた方が安心ですね。

心の隙間をねらった詐欺は卑劣な犯罪です。
最近では、いろいろな詐欺が横行していて詐欺の手口も巧妙化しています。騙されてないように注意しましょう。