ローンやキャッシングには借入限度額があります。それでも足りずに複数の金融機関から借金をしてしまう方がいらっしゃいます。それを多重債務と言います。複数から少しずつ借りたつもりでもそれを総額するとかなりの金額になります。それにより返済不能に陥ってしまうケースが後を絶たないのです。 それで苦しまないためにはどうすればよいのかを考えてみましょう。

多重債務は極力避けること

当たり前ですが、困るくらいなら最初から多重債務をしないことです。多重債務に陥りやすいパターンをいくつか考えてそれぞれの対処法を考えてみましょう。

自己管理ができていない人にも多く見られます。借金をすることに抵抗がないので、いくつもの会社から気軽にお金を借りてしまうのです。その結果借金の金額が膨らんでしまいます。

そのような方は利用するローンを絞り込むことから始めましょう。そして今現在自分がどこの会社にどれだけの借金をしているのかが一目でわかるよう自宅の壁などに大きく書いて貼っておくのも効果的だと思います。

借金返済に苦しみまた借金をするパターンも多いです。当初は多重債務ではなかった方でも借金の返済に困り別の場所から借金をすることでそれがどんどん膨らんでしまうのです。

取り立てが厳しくてそれに我慢できずその場しのぎで、借金を返済しようするとそういった悪循環に陥ります。
どうしても返済が厳しい時は、専門家に相談しましょう。そうすれば一時的に取り立てを停めることができます。無用な借金を繰り返さずに済みます。

借金は一本化しよう

多重債務を抱えると、返済時にも困ります。どこに毎月どれだけの返済をしていいのかが管理しきれなくなってしまうからです。
そこで債務は一本にまとめてみましょう。そのような金融商品もあります。それが「おまとめローン」です。それは複数に渡るローンを一つにまとめることです。それをするメリットは、借金の管理が楽になることです。複数にまたがることで複雑化していた手続きが簡素化されますので借金の返済手続きも楽になります。

金利が減額できるかもしれません。複数のローンを組むことでそれぞれに金利を支払っていたことと思います。それを一つにまとめれば金利が減額できるかもしれないのです。結果借金が返済しやすくなります。

ただし借金総額が大きい場合は、おまとめローンでも相当の金額を借入申請することになります。その点で審査が厳しくなることが考えられますので、複数の金融機関に申請を出してみることをオススメします。