特定調停という手続きがあります。借金の返済がどうしても難しくなったときに取れる手段の一つです。それについて詳しくみてみましょう。

特定調停とは

簡易裁判所を通して、借金返済の手続きを取ります。お金を借りた人、貸した人との間に入り、返済条件等を見直すことで借金の返済を円滑に進めるための手続きを取ります。

特定調停を受けられる人

特定調停を申請するためには条件が決められています。
まず調停により、借金の返済条件が変わった場合にそれを3年以内に返済できるめどが立つ方です。特定調停とは今現在返済不能ではないものの、今後支払が滞る、停滞する可能性が高い時に取る手続きです。よって支払能力があることは絶対条件となっています。

安定した収入がある方に限ります。仕事で毎月、安定した収入がありそれの一部を返済に充てることができる方を対象としています。

特定調停を受けるメリット

借金を減額することができます。借金は返済期間が延びる、支払が滞ることにより返済金額も増えていきます。それによりますます返済不能に陥っていくのです。

特定調停により借金をした当時の金利に基づいた利息で再計算を行うことができます。それにより借金の総額を減らせます。

調停をする債権者を選ぶことができます。多重債務を抱えている方はその支払い先も多岐にわたっています。例えばどうしても失いたくない資産があった場合は、それをのぞいた債権先だけを選んで交渉することができます。特定の財産を守ることができます。

資格制限がありません。一部の有資格者(警備員、保険外交員等)はその他借金の救済方法を取ることでその資格を一時失うことになります。特定調停の場合はその心配もありません。安心してその仕事を続けることができます。

デメリットもあり

メリットばかりではありません。
まず債権者と債務者の話し合いがまとまらない可能性もあります。簡易裁判所が仲裁に入り、双方の意見を取り入れて返済条件を決めていくのですが、債権者によってはその交渉が難航することがあります。

債務者や裁判所の提示する条件と折りが合わず、返済条件が緩和されないケースもあります。申請したからといって必ずしも借金が減額されるわけではありません。

差し押さえの危険性も高まります。裁判所の仲裁により救済措置が取られて、借金返済を続けていきます。しかしそれが再度滞ると財産が差し押さえられる可能性が高くなります。

メリット、デメリットも全て考慮して特定調停を申請するかどうかを考えたほうがいいでしょう。