借金返済で苦しい時、様々な法的手段を利用することができます。その一つが個人再生という方法です。借金返済に悩んだら、その返済方法について手段を多く知っておくと、自分にとってベストな方法を選ぶことができます。個人再生について詳しくみていきましょう。

個人再生とは

借金を返すことはできないけれど、自己破産はしたくない。個人再生とはそのような方を救済するために作られた制度です。借金を返済していくことが現段階で難しいと判断された場合、それを裁判所に申し立てすることで返済計画を作成し、それにしたがって借金返済を進めていく手続きのことです。

個人再生の方法

個人再生の方法には二種類あります。借金を請け負っている人の状況によりどちらが適しているのかが選ばれます。

・小規模個人再生
こちらは主に自営業、個人事業主向けの手続きです。利用するための主な条件は、住宅などのローン以外の借金が5000万円未満であること、将来的に今後も安定した収入があると判断できること等です。

・給与所得者再生
自営業や個人事業主は収入の変動が大きいケースが見られます。一方で給与所得者はその変動幅が小さく毎年おおよその年収も一定して受け取ることができます。そのような方に向いているのが給与所得者再生という手続きです。 条件は小規模個人再生と似ていますが、給与の変動幅が毎年20%以下という条件が加わります。

個人再生をするメリット

自分の資産を守ることができます。例えば土地、建物、車などを所有していた場合は、それを手放さなくて済みます。家族や今後のためにも資産を守りたい方にとってはそのメリットは大きいと言えます。

催促や取り立てを止めることができます。今まで借金の取り立てにかなり悩まれていたのではないでしょうか。そこでこのような手続きを取るに至ったのだと考えられます。取り立ての苦しみから解放されます。

借金の減額が可能となります。再生計画に基づいて借金を減額してもらう措置が取られることがあります。それにより以前より支払いがスムーズに進むようになります。

個人再生のポイント

手続きは自分で行う事も可能です。しかしながら、法律のスペシャリストである弁護士や司法書士に依頼したほうがより手続きがスムーズに進みます。依頼することで費用負担はでてしまいますが、それによる手続きの困難さを考えると費用を払ってお願いしたほうが断然楽だと思います。

借金返済の一手段として覚えておきましょう。