借金がどうしても返せない時の手段に自己破産があります。その言葉なら聞いたことがあるでしょう。

それはとても大それたことで、自分の人生が一生ダメになってしまうのでは?と誤解されている方も多いのではありませんか。それほど破産という言葉の意味は重いのです。自己破産の詳細について詳しく見てみましょう。

自己破産とは

自己破産とは裁判所に破産の申し立てをすることです。これが認められると今まで背負っていた借金を全て帳消しにすることができます。

もちろん誰もが申し立てればそれが認められるわけではありません。本当にその申請者に支払能力がないのかどうかを、裁判所が見極めた上で判断が下ります。申請者の保有している財産、年収、健康状況等あらゆる角度から判断されるのです。



自己破産の誤解

これを申請してしまったら、自分のこの先の人生は終わりだ。それくらい重々しく受け止めている方も多いのではないでしょうか。自己破産をしてしまうとそれが法的文書に掲載されて、今後の自分の生活に大きな影響が出ると信じている方が多いのです。

例えば賃貸住宅が借りられない、銀行で預金口座が作れない、持っている資産を失う、娯楽が認められないなど日常生活に支障が出るような不都合が多発すると信じている方が多いのです。そんなことはありません。例え自己破産を申請しても不都合が出るようなことは思っていた以上にないのです。

自己破産するメリットとは

それで得られるメリットは何でしょうか。
借金をゼロにすることができます。今まで借金の取り立て、返済に多大な心労、苦労があったはずです。その大きな悩みがなくなります。

再出発を図ることができます。今まで借金があるということが負い目となり、生活面でだいぶ制限していたことも多かったのではないでしょうか。借金がなくなり晴れ晴れしい気持ちで新しいスタートを切ることができます。

資産を失うことはありません。所有している家や土地などを手放す必要もありません。今まで借金返済に充てていたお金を今度は貯蓄に回すこともできます。


手続きの流れ

弁護士に相談します。その弁護士が裁判所に申し立て請求を行います。それが裁判所に認められた時点で破産手続きが始まります。

基本的に信頼できる弁護士さんに任せておけば大丈夫です。


自己破産に対する誤解は解けましたでしょうか。万が一どうしても返済できない時の手段として知っておきましょう。場合によっては自己破産を申請することで得られるメリットが大きいこともあります。