借金を返済しようと努力したけれど、どうしても難しい。そんな時は一人で悩んではいけません。そんな時の手段や方法もあります。

借金をしたという事実が恥ずかしく誰にも相談できず苦しむ方、多いのではないでしょうか。迷わず専門家に相談しましょう。専門家とは弁護士や司法書士です。その力を借りて借金返済が可能となるかもしれません。その具体的方法についてみていきましょう。

任意整理とは

弁護士や司法書士が間に入ることで借金の返済を円滑に進めます。その方法の一つが任意整理という方法です。借金をしている人と、金融機関との間に入り借金返済をスムーズに進めるための話し合い、交渉を行ってくれます。

ただし誰でもこの方法で借金返済が行えるわけではありません。この方法を選択するには条件が必要です。一つは安定した収入があることです。専門家は金融機関との交渉の際に必ず返済させるという前提で交渉をしてくれます。そのためには毎月安定した収入があることが大前提となります。

決められた期間内に返済できる能力があるかどうかです。交渉により返済金額を減らすことができたとします。それを決められた期間内に返済することを約束させられます。その目安は3年です。



任意整理のメリットとは

取り立てが来なくなります。任意整理手続きをとると弁護士から金融機関に通達が届きます。それには借金の催促や交渉を行わないことが明記されています。

借金をしてしまったのは自分の責任です。それでも毎日毎日その返済に頭を悩ませるのは相当精神的な負担が大きいはず。取り立てや催促の事を考えると夜も眠れないのではないでしょうか。専門家に相談することで少しは気分が楽になるでしょう。今まで催促や取り立てに苦しみ悩んでいた方はそれだけでも精神的に楽になるはずです。

借金が返済できるようになるかもしれません。今までは借金返済が難しい状況だったかもしれません。しかし条件が変わればそれが可能となるかもしれません。その条件交渉を専門家が代わりに行ってくれます。あなたの現在の収支状況を把握した上で、返済可能と考えられる期間や返済方法、返済金額について金融機関と交渉してくれます。

払い過ぎたお金が返ってくるかもしれません。法律改正により金利を多く払いすぎてしまっているのにそのまま放置されているケースが見られます。きちんと計算し直すことで今まで払い過ぎていた分が戻ってくるかもしれません。

裁判所を通さない手続きなので、記録として残りません。借金返済のためその他方法を選択すると裁判所を通しての手続きを行います。そうすると国の記録として残ってしまうため今後の生活に影響が出る可能性があります。任意整理はその心配がありません。

借金返済で困ったら一つの選択肢として覚えておきましょう。